GATE//Orange

見た舞台の感想とか色々記録。

2017/06/25 17時(東京千秋楽)舞台『天下無敵の忍び道』 劇団シャイニング

行きました。コンセプトがおもしろいなーと思い。

チケットは幼馴染が「東京千秋楽ダブったんだけど、

知らない人に譲りたくない…」といった事がきっかけでゲット。

 

※私のうたプリの知識はキャラの名前と姿がわかる。と、

アニメを1,2話みただけです。

ので、とんちんかんな感想があると思います。すみません….

あと結構辛口です。

 

 

【話】

王道の流れ。Gロらしく?ヒーローショーでありそうな感じだった。

わりとナレーションと画面にうつる文章で話進めてる印象が強かった。

舞台だからあんまり映像でカバーするのはなあ…と思ったり。

ロープで上から落ちる~とか、奈落落ちとかGロだから期待してたんだけど、

なかったのが少し残念。忍者物だからやってほしかった。

後、姫を護るとかそこらへんはどうなったのだろう…?

 

【レビュー】

本編終わってすぐだから、結構あわあわした。

作品の余韻に浸る暇がなかったな~という印象。

レビュー自体の展開もはやかったし。

というか、なぜ忍者なのに歌うんだ?初代が歌っている?からなのかな?

でも初代の皆様はアイドルだから歌うわけであり…

役者な二代目の彼らが歌う必要は…?と

はてながいっぱいになってしまいました。

(すっごく申し訳ないけど、どうせ歌うなら、もう少し練習してほしかったな…..)

 

【キャラ(気になった人だけ)】

・音也衛門

元気いっぱいのおバカキャラなのかな?

それを表現してるのかな。

だったら申し訳ないが、セリフ棒読みがきになった。

でも、最後のセシル丸に裏切られ、仇討ちしにいくとのこ感情の表現は

すっごく好きな演技だった。

 

・セシル丸

かわいい。

メインの4人の中で1番自分が演じるキャラを掴んでるな~って思った。

細かい仕草とかが異国の国から来て、

迷いながらも生きている感じがする。

セリフの言い方もセシル丸だからこその不思議な喋り方でよかった。

すぐ吹き出して笑っちゃう所もかわいい。

 

・翔ノ助

翔ノ助ってかんじ。若干感情が読めない棒読みなセリフがきになるけど、

あの喋り方が植ちゃんって感じがするしな....(ごめん)

最後のVS信羅でボロボロになって戦うあたりからは

すご~~~くセリフの言い方も演技も良くなっていた◎

あと笑顔かわいい。

 

・真影

感情の出し方がうまいなあと。

普通にかっこよかった!

 

・信羅

鯛ちゃんの!!!狂った感じの演技も!!!!殺陣も!!!

とにかくすごかった!!!!!!!!

殺陣はキレがよくかっこよすぎて息を飲んでみたし、

演技も本当こいつ狂ってる…!!と鳥肌が立ちそうなくらいでした。

(正直メインの四人より、羅刹組のほうが殺陣も演技もずば抜けて

 上回ってたから….こっちメインで話がみたかった…という印象….ごめん)

余談ですが、信羅と大羅の幼馴染組は忍ミュ組だなぁ…と思ってたので

Gロッソで戦うのなれてるよね、って勝手に思ってた。

 

【まとめ】

やっぱり再演(二代目)とはいってるけど、

うたプリが好きな人のための舞台かなぁ。と、うたプリほぼ知らない私は思いました。

初演を知ってればもっと楽しめたのかも。

うたプリ好きで見に行った方の感想はよかった!!と書かれていたので、

そんな気がしました。

 

【ちょっと気になったこと(おまけ)】

大量のうたプリキャラのグッツを付けた痛バックを持ってる方を

今回ちょいちょい見かけた。

普通の舞台で考えたら、二代目に変わった舞台に、

初演の役者さんの顔がプリントされたグッツを

大量にカバンにつけて持ち込む行為なきがするのだが....

そう考えるとちょっと失礼じゃ.....と。

こればっかは価値観の違いかもしれない。ごめんなさい。